汚部屋でも家事代行サービスの依頼できる?利用時の注意点を解説

汚部屋でも家事代行サービスの依頼できる?利用時の注意点を解説

「部屋が汚すぎるから家事代行を依頼したいけど、こんなに汚い部屋でも掃除してくれるのかな…」
こんなことを気になっている方はいらっしゃいませんか?

家事代行はその名の通り日常的な家事を代わりにやってくれる便利なサービスですが出来る範囲と出来ない範囲があります。
今回の記事ではどれくらいの汚部屋ならOKなのか、汚部屋で家事代行をしてもらうときの注意点は何かをご紹介します!

家事代行サービス会社に断られる汚部屋の程度とは?

テレビで取り上げられるような、大量のゴミ袋や散乱したゴミが積み重なっている部屋は、家事代行サービスでは対応不可能とされることがあります。

家事の範囲を超えるケースがあることはもちろん、あまりにも部屋が散らかっている場合などはパートナーの安全確保のため断られるケースもあるようです。
もちろん費用を追加したり、時間をかけたりすればOKというケースもあるので、気になる場合は一度業者に相談してみると良いでしょう。

家事代行サービスでの部屋の整理整頓についてはピナイ家事代行サービスさんがイメージ動画を上げているのでこちらを一度確認してみるとどこまでを対応範囲しているのかのイメージはしやすいと思います。

家事代行サービスの整理整頓

いわゆる「ゴミ屋敷」状態

家事代行サービスは私たちの忙しい日常をサポートし、清潔な家庭環境を維持するために重要な役割を果たしています。しかし、極端に不衛生な「ゴミ屋敷」状態では、プロの掃除も限界があります。床が不用品やゴミで覆われ、強い異臭がする状況は、通常の家事代行サービスの範囲を超えます。

このような環境では単純な掃除では解決できず、専門的な技術や機材が必要になるため、専門業者に依頼することが必要です。健康リスクや衛生問題の防止のためにも、家事代行サービスは特殊な案件には対応できない判断が一般的です。

家事代行サービスを検討している方は、まず自宅の状況を把握し、「ゴミ屋敷」に近い状態であれば、不用品の整理やゴミの分別が重要です。適切な業者を選ぶ際には、そのサービスに慣れているかをしっかり確認しましょう。

穏やかな日々を取り戻すには、適切なサービスを選ぶことが重要です。家庭環境をきれいに保つ家事代行サービスの役立ち方と選び方を理解することが不可欠です。

日常使いの洗剤では落ちないほど汚れている

特殊な洗剤や技術が必要なほどの汚れがある場合も、家事代行サービスでは断られる可能性があります。家事代行サービスでは、基本的に依頼者の家にある家庭用の洗剤や掃除道具を使用するため、特別な洗剤や器具が必要な場合は対応できません。

特に年に数回しか掃除しないようなキッチン周りや水回りは頑固な汚れがつきがち。自分の家にあるような洗剤で試してみて厳しければ家事代行サービスではなく、より掃除の専門性をもったハウスクリーニングを利用することを検討しましょう。

ハウスクリーニングは家事代行と違い掃除に特化しているサービスなので選択や料理など家事全般を任せることは出来ませんが、一般家庭で取り扱っていないような洗剤や道具を使ってしっかり掃除をしてくれるのは大きなメリットです。

掃除の前にゴミ処理や不用品の処分が必要

家事代行サービスではゴミの処分や家具の引き取りなどは行われていないため、ゴミの処分が必要な部屋はサービスの対象外となります​​。
地域の指定されているゴミ処理エリアまでのゴミ出しなどは対応してくれます。

例えば、引っ越しで大量の段ボールを開封したいというときであれば、その開封を手助けして段ボールをまとめてゴミ出ししてくれる所までが家事代行サービスです。
その段ボールをすぐにでも改修して欲しい場合は、別途ゴミ収集の業者に相談しましょう。

このレベルならOK! 家事代行で対応できる作業

これまで家事代行サービスで対応しきれないレベルの汚部屋についてご紹介致しましたが、実際どこまでなら家事代行サービスで対応してくれるのでしょうか?
それぞれパターンに分けて見ていきましょう。

一般的な道具を使った掃除

これまで記載していた通りですが、あくまで家事の範疇ではほとんどがOKとです。
例えば、
・洗い物
・部屋の雑巾がけ
・窓拭き
・トイレ掃除
など日常的に使われるような場所についてはやってくれるところがほとんどです。

日常的に家事をしているからこそ一部だけ代行して欲しい…
そんな時には家事代行で日頃の部屋掃除を依頼するのも一つの選択肢としてありではないでしょうか?

料理

部屋の掃除はやっぱり自分でしたいけどなかなかやる気がでないという場合は、料理を作ってもらうのもありです。

家事をすると言っても掃除だけで終わることはほとんどなく、料理や洗濯など色々やることが盛りだくさんです。
特に仕事をしながら家事も両立しているような方だと、平日は一つの家事をやるので精一杯…という方も多いのではないでしょうか?

私自身も朝は前日の洗い物をして、帰ってから洗濯をする。掃除は週末にまとめてというのが普段の生活でした。
しかし、家事代行サービスであれば出勤している留守の間に料理の準備をしてもらうなども出来るため、
普段はできないもう一つの家事をやる時間も確保できますね。

窓・ベランダの掃除

自分が生活する空間である部屋はなんとなく自分で掃除できるけど屋外に近い窓やベランダはしっかり掃除できるという方はそれほど多くないのではないでしょうか?

窓やベランダを掃除するだけでも部屋への光の入り方や窓から見える景色が変わり、部屋全体の雰囲気が少し明るくなることも見込めます。

「汚部屋OK」でも要注意…家事代行での失敗例

汚部屋でも対応してくれる業者は多いですが、実際に依頼をしてみると想定外のトラブルに見舞われることも少なくないです。
実際に怒っていたパターンをいくつかご紹介しますね。

延長料を請求された

家事代行サービスの料金体系は、「1時間あたりの利用料金✕利用時間」がほとんどです。
ほとんどの家事代行サービスではサービスを開始する前に、何時間稼働をするのかを元に料金が分かりますが、
想定より家事が難航した場合などはもっと費用がかかる可能性があります。

汚部屋だと部屋の掃除を進めている過程で想定外のゴミや汚れが出てくる可能性もあるので、想定より長めに時間を抑えておくのが得策でしょう。
または多くの家事代行サービスでは月の利用回数が増えるほど利用料金が下がる傾向があるので、
週に1回など回数を分けてゴミを片付けてもらうのもお勧めです!

汚れが完全に落ちなかった

家事代行は一般家庭にあるような洗剤や道具での掃除がメインです。
そのため目に見えるような場所のほこりや汚れを取るくらいなら出来ますが、キッチンや水回りの頑固な汚れは2~3時間の掃除ではきれいになりきらないこともあります。

どうしてもきれいにしたい場所があるけど、自分ではどうにでも出来なさそうなときは家事代行よりハウスクリーニングを利用しましょう。
費用は高いですが、お掃除のプロがピンポイントできれいにしてくれます。

不用品の処分をしてもらえなかった

家事代行サービスには不要品の処分がサービスに含まれていないことがほとんどです。
掃除を手伝ってもらう中で出てきたゴミや不要品を回収して欲しいときは平行して不用品回収の業者にも連絡しておきましょう。

汚部屋の掃除代行がおすすめな人

忙しくて片付ける時間がない

部屋の掃除をしたくてもなかなか時間が取れないような一人暮らしや共働き世帯には掃除代行がお勧めです。

日常的に発生する家事だからこそ誰かに手伝ってもらうことで今まで確保できなかった自分時間が作れるかも知れません。

どこから手をつけていいか分からないほど汚い状態

家事代行は家事のプロなので、おそらく皆さんより家事に慣れている方が来てくれます。
自分ではどこから手をつければ良いか分からないような汚部屋も、家事のプロなら効率的に部屋の片付けを進めてくれるかも知れません。

部屋全体が汚く見えても実は大きな所や目立つところから片付けていけば思っていたよりきれいになることもあります。

自分で片付ける気力がない

あまりにも汚い部屋だともはや掃除する気力が沸かないということもありますよね。
日々の仕事や作業でも同じですがまずは簡単なところから始めていった方がモチベーションが続いたりします。

普段部屋の掃除をする習慣がない方であればいざ掃除をしようにも気力・体力が必要です。
そんなときは一度家事代行で手伝いを頼んでみるのもありでしょう。

まとめ

ここまで汚部屋でも家事代行を依頼できるのかご紹介してきました。

部屋が汚すぎる場合は受けてもらえないこともありますが、
よっぽど出ない限り受けてもらえることも多いでしょう。

ただし依頼をしてからのトラブルがないように事前に業者との相談をしておくのが良いですね!

よくある質問

汚部屋でも家事代行を依頼できますか?

可能です。
ただし汚れ具合よっては断られるケースもあるので事前に確認しておくのが良いでしょう。

掃除で出てきたゴミの回収はしてもらえますか?

家事代行サービスではゴミ回収をしていないところがほとんどです。
ゴミの回収日近くに家事代行を依頼するか、近隣の不用品回収業者に依頼を出しましょう。